〜の友情は永遠とか〜参上とか落書きしていく小学生がかわいくてさみしいと思う今日
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
さようならを言うまで
いつまでも
いつまでも





・共存の為の削除

いまだ復帰しない身体は余所に放った
それはそれとして。


一つ、
あらゆる感情が露われ
自ら足下へ下り立った。
其れを睨む。本意も何もあったものじゃない自制心

ならばと其れを廃棄したに過ぎず
致し方ない事。


・共存の為の再生

再生の為に一度死ぬことにした。

いつかは、
疎の硬直化した片割れを背負いなお跳ねる余りある強さを

と、
望み


・夢
は繰り返し再生される。
今一度
はしっこからはしっこ 点と点を結ぶ
規則的判断で足を忍ばせ
土に根をはる。 流されまいと



今日の日までお疲れ様。



嘘は
いつか事実に成代わる

ただ一つ
だいきらい。
(だいきらい、全部)


それだけで
楽しい時間が手に戻りさえすれば私は
、幾らでも



なんて‥そんな
綺麗事に吐き気がする



だけど肯えて謳う候

ね。いつだって自分と貴方がいるとは限らないんだよ
残念だけど。






さて。

ここに、別れるための言葉はひとつ。



- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kaoru-tara.jugem.jp/trackback/171
<< NEW | TOP | OLD>>