〜の友情は永遠とか〜参上とか落書きしていく小学生がかわいくてさみしいと思う今日
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
復活
01二年前の最後の日記


「今まで一つでもなにか解決できただろうか。
一度も出来た事がない。」

「私はただの凡人で、そして甲斐性なし。
反復する今の過去。
だれも望んでない 私すら。

「なにがポジティブだ。私の抜け落ちた部分が
いつかほしくなって、でも手に入らない」

「そんな後悔の念にからされて生きてく
きっとそれはすぐ。
すぐなんだよ 」




ふう
もう あれだ
楽しいからいっかな。
考えると私どんどん自分のことだけ線を引いてって
解離してって つまんないや 絵を描く時の気持ちが
これに似てるよ ってことは 描けなくなるかも
自分の為に描いてきた絵とか 描けなくなるかも
それでいいって思えてきてる事は、 果たして良い結果なのかな
誰のための絵だったっけ。


- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kaoru-tara.jugem.jp/trackback/174
<< NEW | TOP | OLD>>